今、国家規模で考えていかなければいけない問題の大きなひとつに、エネルギー問題があります。
原発問題、CO2問題、地球温暖化・・・などわれわれの日々の生活に関わってくる大事な問題ですね。
現代人の生活に電気を使わずにすむということはありえません。
原子力に頼らず、排気ガスも排出せずにエネルギーを利用するにはどうしたらよいのか。
選択肢として有力なのは太陽光発電ですね。
太陽光発電事業を核に、新しい挑戦を進める会社、それがロハスホールディングスです。
ロハスホールディングスの提案にはさまざまな革新性を持つものがあります。
たとえばエネルギーシェアマンションがその代表です。
地下室に蓄電池を設置し、昼間の太陽光発電を利用、逐電しておくことで、マンション全体で効率よく新エネルギーを活用するというスタイルです。
これにより、クリーンエネルギー活用の推進がはかれるばかりか、個々の家庭の電気料金も低額におさえられるというわけです。
他にもエネルギーシェアハウスや、電力料金をはじめとしたさまざまな料金の見える化の実現など、時代の求める事業を展開し続けるロハスホールディングスに注目です。