手形での支払いは、商取引でも一般的にも普及している一つの決済手段です。
多くは支払いを振出人が発行した手形によって行いますが、当然手形を受け取った企業や個人は期日までそれを保有して、現金化することも可能です。
しかし、大抵は手形割引を行ってくれる金融機関に行って、期日前に現金化することが行われることが多いです。
なお割引を行った手形については、裏書譲渡することによっても流通します。
ただ問題は、不渡りの発生があることです。
これは、手形に書かれている期日通りにその手形の所持人に現金が支払われないことがある訳です。
確かに手形の利点は、支払いを将来にまで猶予できる利点があるのですが、時の経済環境によって振出人が記名されている金額を支払われないといったことが起こるのです。
そのため、不渡りは企業の商取引の信用破壊という側面も持ちます。
またその責任を手形割引を行った依頼人に対しても追求できる性質を持ちます。
もし仮に、最後の所持人に振出人が支払われなかったら、それまで割引依頼した企業や個人に対して支払うよう請求できる訳です。
そのため、手形取引においては振出人の信用性が鍵を握る事となり、上場企業や地方公共団体が発行した手形は、信用度が高いと言われています。
手形割引|事業者向けファイナンス事業|事業内容|株式会社 日本保証