愛し合って結婚したはずなのに、そんな話をよく聞きます。
離婚は今や若者だけではなく、熟年の夫婦の間でもある様です。
近年の離婚率も非常に高いようです。
同じ屋根の下で生活しているからこそ良いところも見えれば、悪いところも見えてしまう、時間の経過とともに悪いところだけがクローズアップされ、最後は悪い結果に至ってしまうんですね。
実際に離婚にとなった時に助けになってくれるのが弁護士さん。
いろいろな事の相談に乗ってくれるようですし、非常に親身になって解決に向けて話を進めてくれるようです。
実際、お金の事や、今後の事、子供がいる世帯などでは養育費などしっかり相談して事前に解決しておく事が重要でしょう。
この時期が一番つらい時期で、弁護士さんに色々話を聞いてもらい、最後くらいは円満に別れることが大事じゃないかと思います。
気持ちを切り替え、次のパートナーとの出会いもあるかもしれません、きっちりとけじめをつけ、新たなスタートに向けて出発する良い機会だと考えるべきです。
子供たちにとっても跡の事をしっかりルールとして決めておく事でお父さんにとってもお母さんにとっても分かれた後でも良い関係が築けるのではないでしょうか。
離婚 弁護士 相談|離婚専門の女性弁護士による離婚相談 弁護士法人 淡路町ドリーム